男性用のサプリメントは色々な商品が販売されていますが、HMBが配合されているものの人気が高いようです。

でも、ディープチェンジファイヤーのような温活系サプリも人気。

脂肪燃焼効果が期待でき、配合成分も自然由来の成分でより安心して細マッチョを目指すことができそうです。

でも、やっぱり筋肉増強にはHMBが必要なのでは?という人も多いですよね。

例えば、ボクシングで人気の亀田兄弟も、HMB極ボディというHMB系のサプリメントを愛飲しているとのこと。

そこでこちらでは、温活効果が期待できるディープチェンジファイヤーと亀田兄弟愛飲のHMB極ボディの違いを比較してみました。

まず、ディープチェンジファイヤー(DCF)は、その商品名から想像できるような効果が期待できるサプリ。

具体的な効果としては、身体を温め体温を上げ、代謝を高めて脂肪を燃やす効果が期待できると言われています。

価格は、初回370円、2回目からは4275円です。

一方、HMB極ボディはHMBが2100㎎も配合されていて、しかも、アメリカ特許成分であるアストラジンも配合されているので、HMBの吸収が1.5倍にもなるというサプリメントです。

ストイックな減量をしながらも、ボクサーとしての身体をキープするためには欠かせない成分配合だからこそ、亀田兄弟も愛飲しているのかもしれませんね。

さらには9種類のアミノ酸もバランスよく配合されています。

価格は少し高めで通常価格は9480円ですが、定期購入で注文すれば初回は500円、2回目からは6480円で継続可能。

返金保証がありますが、基本的に4回以上(4か月以上)の継続が必要です。

なお、ディープチェンジファイヤーについてさらに知りたい方は「ディープチェンジファイヤー(DCF)の通販最安値は楽天で決定!?」の記事でまとめていますのでご覧になってください。